スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学忍者隊ガッチャマン攻略法&設定6データ②

科学忍者隊ガッチャマン一撃3500枚

科学忍者隊ガッチャマン攻略法と設定6データその②

今日3月7日またまた設定6をつかみました!

ってかなぜか11時に到着しても4台あるのに1人しか打ってないんですよね。。。

あんま人気ないんかな。

たぶん設定6でもめっちゃハマるからみんな設定ないって思ってすぐどっかいくんやろう。
解析見たらビックリすると思います(笑)
ほとんど全設定確立ほぼ一緒です。
設定差は出現BIGの種類!

高設定ほど青青青と赤赤赤が出ます。
両方とも1300分の1で出ます。
そのほかの設定は2000とか4000分の1なんで単純に赤赤赤や青青青が出るだけで判別できます!

そして高設定ほどGTつきのBIG(赤から始まるBIG)が多く出現します!
ってかデータ見てもわかるようにほとんどGTつきBIGしか出ません(笑)
なのでGTなしBIG(青から始まるBIG)が2回連続とかで出たらほぼ設定6はないです。

逆に赤赤赤や青青青が連続して出たらもう設定6の確率がグンッと上がります。

とりあえずデータをみながら説明します。

青青青291  そっこう青7!
赤青青240  
青青赤180  ここでGTなしBIGでちょっと設定6ないかもって思い始める
       でもとりあえず青7引けたので次GTないBIG引くまで続行
バケ250
バケ150
バケ350  どとうのバケラッシュでメダルめっちゃ減る

赤赤赤48  ここで赤BIG!設定6の可能性グンとアップ
赤青青228
赤青赤322
赤赤赤19  もうこれは6でしょ!
赤赤赤35  間違いない!
赤青青43
赤青赤183
青青青41  ヒャッホー!やばいよやばいよ!万枚いっちゃうのかい?
赤青青399  2500枚ほど確保!

バケ590   痛っ!
赤青青1023  さすがに6やと思ってても心が折れかけた。。。
       BIG間1600ハマリて。。。メダル1000枚ほどの減少

赤赤赤425  やっぱ6やなぁ。
青青青85   ↓
青青赤113  ↓
赤赤赤25   ↓
赤赤赤427  ↓
赤赤青654   ↓(GZONE中!)
赤赤赤56   ↓
赤赤青385   ↓
赤赤青196   ↓どこまで連チャンするの!?
赤赤青123   ↓
赤青赤282   ↓
赤青赤101  ↓
青青青244   ↓
バケ48    ↓やっと終わった!一撃4000枚て(笑)
500ちょいやめ

総回転8181

BIG 26 314分の1
バケ 4

プラス5580枚

データ見てもわかるとおりBIG確率やハマリを見ても5号機の設定6とは思えないハマリをします。

これを解析を見てない状態でデータ表示機を見たらどうでしょう?
6って思いますでしょうか?

自分で打っててもデータ表示機はありえへんぐらいのメモリを指してました。
とくに途中の1000ハマリらへん(笑)

このことからデータ表示機の確率で設定6を探してもダメです。

見るならデータロボのスランプグラフで右上がりかどうかぐらいです。

実際自分の打ってた設定6のガッチャマンのすぐ左に3000Gまで150分の1ぐらいで出てたガッチャマンがありました。

その台は出現BIGから推測するに低設定でした。
でもデータだけみたらものすごい勢いで出てるのです。
実際自分が打ってた設定6のガッチャマンが途中3000Gぐらいで300分の1ぐらいの確率でしたが、こっちのほうが出てました。

ガッチャマンはこの実戦データを見てもわかるとおり出現BIGでほぼ確実に設定が読み取れます。

しかも打ってる本人しかそれはわからないという利点もあり、あらに解析を知らない人なんかはすぐに捨ててしまいます。

この設定6をつかむ2日前のも設定6をつかんだのですが、そのときは隣がおもいっきし赤BIGが揃ってGTバンバン入ってたのに800ハマリでやめていきました、その後に自分が打ってそのあと5000枚以上出ました!

前の人は解析を知らなかったと思います。

実際この店は設定6を使うのにガッチャマンで一日8000回転もしてる日はそうはないです。しかもプロもいっぱいおるんですが。

みんな解析を見てないのでしょう。
解析を見てないとBIGが350分の1でこの台が6やと思う人はすくないでしょうし。

この実戦のようにBIG間1600回転ハマルとかも余裕でありますから。
この前の設定6の実戦でも1200ハマリなどもありました。

自分も解析見てなかったらあの時点で確実に捨ててたでしょう。

確信がなければ追いかけられません。

その点もスパイダーマンよりすぐれてると思います。
スパイダーマンの難点は設定看破です。
完全確率抽選のこの台は確率の収束は1日単位で見ても絶対収束しません。

同じ設定6でも必ずハマリますし1日単位だと180分の1のときや280分の1のときもあるでしょう!スパイダーの設定2で7000枚出たというデータも見たことがあります。

その点ガッチャマンはBIG確率に左右されることなく出現BIGの種類に差があるので容易に看破可能です。

設定6かもしらんと思うスパイダーより設定6と確信できるガッチャマンのほうが自分は立ち回りやすくこれからの主要機種になると思います。

ただ今は解析があまり知られてないだけで知られたらプロの人たちが群がるだろうし立ち回りにくくなると思いますし設定も渋くなること間違いなしです(笑)

ですが今の自分の周りでは簡単に6がツモれる状況であるのは間違いないです。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ガッチャマン

ガッチャマン『科学忍者隊ガッチャマン』(かがくにんじゃたいガッチャマン)は、タツノコプロが制作したSFアニメ。1972年~1974年に放送されたテレビアニメ版(全105話)と、1994年に制作・発売されたオリジナルビデオアニメ(OVA)版(全3話)がある。テ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。